どうしてサーモンを言いますか?――時計の文字盤の色

いわゆるサーモンの時計の文字盤(SalmonDial)、指すのは粉の橙色の時計の文字盤で、つまりこのブランド時計コピーような特殊な色はピンクに似ていて、また橙色に似ていて、SINO LONDONの色調がまだあって、とても私達のふだん食べたサーモンの色に似ていて、そのためこのが法を言うサーモンの時計の文字盤がありました。

言ってみれば、サーモンの時計の文字盤のめったになくない物、前世紀の90年代のいくつか名の時計のブランドの中にサーモンの時計の文字盤、たとえばバセロン・コンスタンチン或いはパテック・フィリップがあります。

ここ数年来、サーモンの時計の文字盤の受ける関心はだんだん多くなって、たとえばその中のみんなの比較的熟知したのはパテック・フィリップの5270万カレンダーの時間単位の計算は表します。2019年にOnlyWatch慈善はオークションして、パテック・フィリップのステンレスのデザインの6300A大家の弦の音の腕時計は3で、100万瑞郎(人民元の2.2億を誘う)の高値のドロップ・ハンマー、今までのところ腕時計のオークションの上の最高価格を創建し営んで、同時にサーモンの時計の文字盤のブームを巻き起こしました。

ブライトリングの粗玉の上品なシリーズのサーモン皿の腕時計のようで、いつも友達を表すに自慢げに話されます。格拉蘇蒂のオリジナルの2021年に出した議員のシリーズは制限して万年暦、時計の文字盤の色も非常にサーモンの色に接近します。

その外、また(まだ)価格がいくらかあって向かい合って更に親民のサーモン皿、例えばモンブランはシリーズの腕時計、NOMOSTetraシリーズの腕時計を伝承して、すべて競売店の中で“法外な値段のサーモン”の良い選択に取って代わるのです。