万国の柏の大波のフィノは1984から源を発します

柏の大波のフィノは万国入門係のリストのモデルですが、しかしこれはそれが広く決して友達達の好きな大人気を表してモデルを表しを受けるのを妨げありません。友達達を表して得ると感じることができるべきで、この2年に炒める名が表すのはだんだん多くなるので、供給量はやはり(それとも)割り引きが特恵を与えるのなのにも関わらず、以前とすべて比べることができなくて、普遍的な市況はただ上昇して、基本的に下落に会えないで、これは入門してモデルを表してすべて多少影響を受けるのを招いて、存在するのは合理的な価格ラインの種類ですべて比較的有限になって、IWC万国の波濤のフィノの大きい3針のようで、オメガの小皿はこれらの時計のモデルを飛んで、正に入門してモデルの中の模範を表すで、それらは多くの時計の友達の需要を満足させました。

万国のが入門するとしてモデルを表して、柏の大波のフィノを言い出して、まず思い付いたのブランド時計コピーはそれのクラシックの円盤設計で、パイロットの丈夫なのと異なって、表すポルトガルは正装ためとあのようなが精巧で美しくて、柏の大波のフィノが更にいくらでもあるのが終始のシンプルで、これもそれが1984年にの設計の理念に誕生するためです。

まず由来Portofino1語を命名して、イタリア西北部の中で格中隊の海岸の東側の有名な観光港小鎮から源を発して、それの設計している初めは1つの小さいストーリがまだあって、その時表を作成する大家のクズ珞このKurtKlausと首席のデザイナーの漢諾・伯切爾HannoBurtscher2人(つ)人はいっしょに酒を飲んで、杯の酒が談笑する中に、決定を示してブランドすばらしい円形設計から用いるのを決定して、新しくシリーズのシンプルで優雅な設計の基調を表すとして、だからにリストのモデルを結ばれて休んで性の地中海の生活する息、含蓄がある風格に従って高尚・上品なのと味わいを積載しました。

その時がまだ石英の時計の流行っている天下を知っていて、万国が伝統の機械に柏の大波のフィノを表すように出してもその道と反対に行くと言うことができて、伝統は初の柏の大波のフィノに着いて、懐中時計を持つチップだのは基礎で、18K金をかぶせて殻を表して、1モデルの新しい月相の小さい3針をして、歴史の上で第1匹の柏の大波のフィノの型番の5251はこのように誕生して、このように円形が殻を表す、3針、立体の線形の時に表示する、波濤のフィノの標識設計になって、伝統の正装の風格は今なお同じく一度も変えてません。