石英の危機のセイコーの石英の時計、スウォッチの石英の時計

60年代の末に従って、セイコーは世界で第1モデルの量産のクォーツ・ウォッチを発明して、精密に必ずこれに加えて価格は安くなって、迅速に全世界をすべて巻き込んで、70年代にも一個人の力がスイスの時計の市場を巻いたと言うことができて、機械に市場を表して巨大な衝撃をもたらして、その上それからまたして電子のスクリーンの石英の時計を持って、ひとまとまりのスーパーコピー時計組合せの拳で殴るスイスが表を作成して大きい面積が倒産するのに直面します。

その時のスイスの時計界は日本の石英の時計に受け答えするため、同様に60年代末期にあって、宝のから良いなんじはその他の9社の表を作成する商とリードして、ロレックス、万国、パテック・フィリップなどの時計工場が共同で投資するようで、そして研究開発してスイスの1つ目の石英のチップBeta―21を造り出して、でもやはり(それとも)日本の石英の時計が市場を占拠するのを阻止することができなかった。1983年に至って、第一モデルのSwatch腕時計は誕生して、高い品質によっていて、ローコストで流行する表を作成する理念を兼備して、改めてスイスの表を作成する業界を救いました。