革新技術、親民は位置を測定して、大衆に属する潜む水道のメーターを作りました

シチズンのこの日本のブランドを言い出して、1918年に誕生してから、それに頼ってブランドの名称CITIZEN公民の1語の親民の市場に合って位置を測定して、技術のが絶えず研究開発するについて足して、心配がいらないようです丈夫なつやがある運動エネルギーのチップ、あるいはしなやかな材質の舒博ですか?チタン、世界市場ですべて津々浦々に知れ渡っている時計のブランドになります。

シチズンの革新技術、応用を持って来るにブランドのスポーツにもあられてモデルの上で表して、特に腕時計の市場の最も人気なスポーツに対して潜む水道のメーターを表して、シチズンは投じるのが最も多いと言うことができて、あの今日シチズンを言い出して、みんなとちょっと話すにたくて、それに関して潜む水道のメーターの歴史を作ります。

ダイビングは防水に起源します

私達はすべてどんなものをしっかりと行いたいをの知っていて、すべて1歩ずつ来たので、それでは潜む水道のメーターもこのようなで、先に防水をしっかりと行ってやっと。シチズンの初の水を防ぐ腕時計は1958年に誕生して、ロレックスまでカキ式を使って殻を表して防水機能を創始しますが、すでに30年向こうへ行って、しかしこの腕時計は依然として日本の初の水を防ぐ腕時計です。

その時の研究開発のきっかけはシチズンが感じるので、スイス人は水を防ぐ機能表のモデルを発明したが、しかしなくて大衆に広範に使用させて、つまりスイスの防水時計の売価が普通でないと感じて、だから1大衆の日本の腕時計会社はすべて選んでその段階で防水時計のモデルを研究して、シチズンが歩きだすのが比較的早いため、真っ先に研究して出しましたParawater。

腕時計の防水性能は特殊なゴムの製造したO形の小屋に基づいて、上の設計図の中からはっきり3、8、12のゴムがはめ込んで殻を表すとに冠のグルーブ所を表しを閉じ込めるのを見ることができて、全体の時計が50メートルの防水性能を提供することができるのブランド時計コピーを確保します。

初期シチズンの腕時計はすべて非常の固い種を実験するのをテストして、水を防ぐ腕時計の誕生するその前の数年間、シチズンは1956年に選ぶのは百が避けて震動するのを記録するのを加えるため採用しないで、自分がParashockアンチ・ショックをしたので、それは第一モデルについてこのアンチ・ショックシステムの腕時計を搭載して、シチズンはひとつのがとても目のテストに実験するように引きつけるのだと思い付いて、坐っているヘリコプターは30メートルの高い空から表しを外へ投げて、だから達しに来て加えて腕時計のアンチ・ショック性能の目的を宣伝するのをテストします。

1963年の防水の腕時計に着いてテストして、シチズンは更に比べるもののなくて、どう考えるを知らないで、彼らは最後に時計を海里に投げ込んで実験をするのを選びます。これは黒い潮の漂流する実験を称させられて、シチズンは100余りをただParawater腕時計のブイの缶だけに装備していて、黒い潮の暖かいものをそろえて海を投じます。ブイの瓶のてっぺんは情報を設けて、Parawater腕時計瓶の喫水線に置いた下。それらが見つかる人に順調にシチズンまで(に)連絡させるため、瓶の中でまた(まだ)1つの連絡方法の情報の紙を持って、それらが見つかる人は奨励を獲得する以外、同じく許されて腕時計を残します。3年後に、ブイの缶の最終米国オレゴン州のしなやかな薩の尼の達する海岸が発見させられる、かつブイ中の腕時計がすべて運行するのが正常です。