ジュネーヴ高級時計大賞が発表され、彼の腕時計が大ヒットしました。

時計界オスカーと呼ばれるジュネーヴ高級時計大賞(GPHG)が昨日発表され、今年最大の勝者となったのは、アベック(Audemars Pigutet)で、一気に最大賞の「金針賞」、「最高複雑男時計」、「最優秀ICON賞」の3つの大賞を獲得しました。次はブルガリ(BVLGARI)で、「ベストジュエリーシート」と「ベストタイムテーブル」を獲得しました。二つの賞は独立した表師Kari Voutilainenが「ベスト男表」と「ベスト芸術工芸賞」を受賞したのも有名です。

 
今年は時計業界で最も厳しい年ですが、GPHG大賞のエントリーが精鋭だった年でもあります。各ブランドが新技術と新機軸の開発に取り組んでいます。ここ数年の超薄型競争はずっとブルガリと伯爵の天下で、超薄型技術で知られている愛の彼は皇室のオークの超薄型万カレンダー(Royal Oak Selfwinding Perpetual Caledar Ultra-Thin)でグランプリを獲得しました。厚さわずか2.89 mmの5133の超薄型の自制コアを搭載しています。超大型の技術を披露し、薄型の腕時計の持ち主は誰かを見せてくれます。

 
超薄型の万年暦表のほか、若い市場で発売されたコード11.59の腕時計をロックし、「ベスト複雑男優賞」を受賞し、ファッションセンスにあふれたロイヤルドングリJUMBOの超薄型時計は「ベストICON表」を手にした。

 
ブルガリはここ数年GPHGの常勝軍です。今年はOcto Finissimoで
Chronograph GMTタイム計算表とSerpenti Misteriosi Romaniダイヤモンド表はそれぞれ「ベストタイム計算書」と「ベストジュエリーウォッチ」をおりて、王一後の組み合わせは、ブランドの表とジュエリーの二つの大きな工芸の誇りを示しています。

 
今年SIHHで異彩を放った江詩丹顿
「Twin Beat」双振は万年の腕時計で、休眠して運動エネルギーを節約できるというニックネームで「寝美人リスト」と呼ばれ、期限通り「ベスト・イノベーション賞」を受賞しました。新たなアップグレードムーブメントを採用したシャネルJ 12表は、今回の「ベストウォッチ」、エルメスの「月読」、アーサー・ルヘーレド・ラレン月相表は「ベストカレンダーと天文学賞」(Calender and Astronomy PRIZE)を獲得した。

 
先日、台湾に招待された独立した時計師Kari Voutilainenも表現が低俗ではなく、新作の28 ti腕時計で「ベスト男時計」を取って、日本漆器工芸と西洋のモザイク技術を組み合わせて「Strry Night Vine」腕時計を作って、「ベスト芸術工芸賞」を獲得しました。