2014 L.U.C.XP蒔絵限定版馬年腕時計コメント

工芸と文化を完璧に結び付けるのもChopard蒔絵表の今までの一番美しい一枚です。
Chopardの蒔絵文字盤は日本のロレックスコピー山田平安堂から来ています。一番複雑な研出高蒔絵工芸を使って作っています。このような長い歴史を持つ日本の漆絵工芸は金銀粉を使って漆を飾り、竹管とモルモットの毛筆で輪郭を描き、図案の部分は多層の漆で積み上げて立体感を形成しています。

 
莳絵に使われている生漆もとても貴重で、日本の漆の樹脂から抽出してきました。毎年一回しか採集できません。数はとても少ないです。採集した後、三年から五年ぐらい放置しなければならないです。磨耗に耐え、蜂蜜状の生漆に加工できます。

 
この蒔絵の文字盤は跳馬の周りに蓮の花のカルティエスーパーコピー模様を象眼していて、泥に染まらない気品を象徴しています。針に金をメッキし、金の粉が敷き詰められた文字盤に似合います。

 
ケースの直径は39.5 mmで、厚さは6.98 mmで、L.U.C 96.17-L自動チェーンムーブメントを搭載しています。2つのバネケースを持っています。65時間の動力保存ができます。
Chopardはまだこの新しい表の価格を発表していませんが、L.U.C XP蒔絵シリーズは以前の価格は全部25000ドルぐらいで、今年は工芸がもっと綺麗です。少し高いかもしれません。