Rolexの創設者-HansWilsdorf

現在の名前を付けて時代をリードできるのはほんの数人です。そして、先見の明のあるロレックスの創設者ハンス・ウィルズドルフ(ハンス・ウィルズドルフ)もその一人です。このような画期的な制限時間は非常にまれであり、ウィルズドルフとそのブランドの独自性を完全に反映しています。この卓越した多作のイノベーターは1960年に亡くなり、時計製造業界全体、特にロレックスに無数の貴重な遺産を残しました。

時計は現在の世代では非常に一般的ですが、1905年には状況はまったく異なりました。時代の変化とともに、私たちのライフスタイルやドレススタイルも変化しました。当時、わずか24歳のハンス・ウィルズドルフは、「時計はイギリスなどのスポーツ愛好国で並外れた可能性を秘めている」と確信し、頑丈で信頼性の高い時計を作ることを決意しました。当時人気のあったポケットウォッチに匹敵し、その工程は全く簡単ではありませんでした。このような小さなケースに直面したとき、デザインは正確で完璧でなければなりません。彼はまた、次のように指摘しました。「当時、時計は実際には好まれていませんでした。世界中の時計メーカーは時計の開発に懐疑的であり、この斬新さを信じています。 [運命]は失敗するだろう。」

ユニーク

恐れを知らない精神と決意で、ハンス・ウィルズドルフは時計を人気にし、ロレックスを有名なブランドにし、1世紀以上にわたって卓越した尊敬される地位を維持してきました。

彼の人生で書かれた多くの手紙の中で、屈服しないハンス・ウィルズドルフは早くも1914年に手紙の中で次のように述べています:「私たちは最初になりたいです…そしてロレックスの時計もユニークで最高のものとして扱われます!」目標は非常に明確です。

 

実際、ハンス・ウィルズドルフは、時計コピー自体に対する人々の認識を形作っただけでなく、その位置、使用法、可能性も形作った。さらに、彼は常に永遠の不滅の価値観を守り、並外れた品質、時計製造の熱意と卓越性を追求し、ロレックスを高級時計製造の究極のモデルにしています。今日まで、粘り強さ、忍耐力、先見性、想像力を組み合わせるこの精神は、ロレックスの工場、研究所、部門で具現化されていると同時に、ウィルズドルフの信念を最初から完全に確認しています。 :「どこにいても、オリジナルの精神と品質が私たちの将来のスローガンになり、すべての[Rolex]時計は優れた品質の具現化でなければなりません。」

 

時計製造への情熱と時代の精神

ハンス・ウィルズドルフは独自の洞察力を持ち、時代の脈動とペースを完全に把握し、現在の状況にかなり柔軟に対応し、消費者の変化するニーズを予測できるため、ブランドと時計製造業界は繰り返し前例を作ることができます。それは、世界初の防水オイスターウォッチであるタイムキーピング認証から、プロのウォッチへの永続的な振動重量から見ることができます。ハンス・ウィルズドルフは次のように書いています。「ロレックスの考え方と行動は常に異なっている必要があります。これが私たちの最大の利点です。」この継続的なイノベーションの起業家精神は、知識からあらゆる分野に及びます。財産権(1908年には、はっきりと覚えやすい「Rolex」ブランド名を作成し、ブランドの登録と保護に重点を置いていました)、前衛的なマーケティング、コミュニケーション、広告のスポークスパーソン戦略。これらはすべて、時代をリードする例です。

ビジョンと価値

ハンス・ウィルズドルフは、彼の伝統的な価値観を守り、現在は慎重に行動し、常に未来を想像し、クラシックとコンテンポラリーの要素を巧みに組み合わせた真に時代を超越したブランドを生み出しています。さらに、彼は製品を長持ちさせる魔法の公式を発見しました。これがRolexブランドの魔法の源です。ハンス・ウィルズドルフが70代のとき、彼は今でも過去の絶え間ない精神を示していました。「私は75歳です。しかし、私はまだ時計作りに情熱を持っており、しばしば新鮮なアイデアをもたらします。 「」

毅然とした美しさと並外れた美しさ

彼のアドバイスは、今日であろうと過去であろうと、間違いなくまったく同じです。「前進しなさい。成功には勇気と決意が必要です。」