彫刻空間の芸術:透かし細工

ヨーロッパでは彫刻芸術は昔から古代ギリシャと古代ローマ字の金工によって手作り工芸品の装飾をされています。彼らは小さい彫刻刀だけで多くの図案を彫刻できます。ヨーロッパは15世紀と16世紀に彫刻芸術が広くジュエリー、腕時計、甲冑や兵器に使われました。

 
彫刻芸術から派生した一つの表工芸があります。透かし細工は切り紙芸術と同じです。このような工芸は一度は失伝の危機に直面していましたが、1930年にようやく復興しました。表の職人は普通のムーブメントをベースにして、まず針で透かしたい部分を穴にあけて、余分な金属を取り除いて、彫刻ナイフですべてのへりを45°の角度の斜辺に変えて、ムーブメントの面を異なった図案に彫刻します。この極重美感の過程において、彼らは透視下のムーブメントの阻害を最小限に抑えなければならない。もしあなたが一番よく知っている比喩を使って、透かし表とは何かを教えたら、それは切り紙です。この2つの芸術に共通するところは、成型パターンがあり、図案以外の余分な部分を削除し、技術を熟練させ、完成品に余計な邪魔がなく、一歩も間違えられない最高の技術である。