メキシコの亡霊節のテーマリストをご覧ください。

これは「最後まで笑った」という名前で、メキシコの亡霊祭のテーマリストで、英語名はthe last laugh tatto Editionです。メキシコの亡霊祭は死んだ友達と家族を記念するために、祝日の日に人々は前もって準備をして、魂が家に帰る道を探すように助けます。メキシコは死は別の世界に行って生き続けるだけで、生命の終わりではないと信じています。

 
これまでスウィッチにはメキシコの亡霊祭をテーマにした腕時計がありましたが、「最後まで笑ってしまった」という生と死の独特な文化を基礎にした腕時計はあまり見られませんでした。腕時計はイギリスのタトゥー芸術家アドリア・ウィラードによって設計されました。命は短いということを知らせるために設計されました。私たちはまだ生きています。笑って感謝すべきです。文字盤のスカルヘッドのタトゥーを構成する要素は、花、歯、十字架があります。現在ではタトゥーがトレンドとなりましたが、スカルタトゥーが主流となりました。このような芸術の方式で彼らの生命に対する態度を解釈します。これは私達の尊敬するところです。

 
「最後に笑う」腕時計は命をよりよく理解するようにしてくれます。メキシコ人は死んだ子供の魂が一日目の夜に家に帰ると信じています。亡くなった大人の魂は二日目の夜に帰ってきます。