積年家LOGOの裏の話を知る。

JLCの101ムーブメントは世界最小の純マシンムーブメントで、それで作った女性ジュエリーリストはかつてイギリス女王エリザベス二世が自分の戴冠式で着ていました。

 
Antoine LeCoultreはLeCoultre家族の第10世代の継承者であり、家伝の製鉄屋は彼に冶金の神秘を味わわせ、また自分の父と一緒に各種の新式合金を研究して、オルゴール振動の音質を向上させ、更にその後の剃刀業の基礎を打ち立てました。

 
AntoineLeCoultreは絶えず改善を求め、また実際の経験の中で科学原理の堅持を検証し、彼を機械芸術の中の極致――時計の製作に導いた。車で時計の歯車を削る機械を発明した後、An-toine LeCoultreは1833年に正式に自分のワークショップを創立しました。

 
1903年、パリから来たフランス海軍の専属時計師エドモン・ジャーガーは、独自の超薄ムーブメントデザインを携えて、スイスに来て、能力のあるメーカーを探しています。当時LeCoultre&Cie表工場で製造部門を担当していた表工場の創立者の孫Jacques-DavidLeCoultreは気前よくこの挑戦を受け入れて、もう一つの逸品リストを作りました。1992年、ギネス記録のミニムーブメント2令表(1令=2.256ミリ)を作って時計界を震撼させた。