時には鳥の三に、自動的に人形を聞く

「時報の鳥三問」は本当の自動人形、そのカムシステムは啓蒙時代の技術に直接採用し、すべての装飾技術を採用しています。ジャック徳羅の彫刻師と手を携えて作った画家黄、靑、白や深い黒い羽、造形と色彩で完璧に均等で、鳥の巢の中の細い枝若草も同じ精細優美。また、苦心して設計の八つの違うイベントシーン装置:ワンダー羽ばたく鳥と、雛食べ物を求めて泣くこと、ヒナ殻は破れて、流れの音……主人公は汝拉地区からおっぱい、それは真に迫っていて鳥の巢の上に立って、巢は雛。

 
ジャック徳羅ブランドの創始者ピエールやジャック徳羅(Pierre Jaquet–Droz)は1721年生まれでスイス汝拉(Jura)穀——このスイス完璧タブ工芸のゆりかごの郷。時間と自然の調和がとれて解け合う、1年の鳥の吟じの中で次々と交替して。これらの命の礼讃は間違いなく自然主義と風情エレガント併存して啓蒙時代に熱中しての夏が好きで、いつ杜河(Saut du Doubs)滝サイド戯れ若き天才もそれをやたら禅に無理法華。