映画のテーマClown腕時計を鑑賞します。

ロシアの独立時計工場Konnstantin Chykinは、Stephhen Kingのガガミラノスーパーコピー同名小説を原作としたホラー映画「ピエロの魂返し」(It)をモチーフにした新作「ピエロ」を発売したばかりです。この腕時計は2017年に発表された「ジョーカー」をベースに、映画の主人公ペニー・ウィスのピエロメイクが文字盤に自然に溶け込んでいます。

 
赤と白を基調とした白の波紋文字盤はピエロの顔を表し、トレードマークの丸鼻、唇、アイメイクはいずれも赤で描かれている。ピエロの左右の目の縁は巧みに時間盤、分盤に設計されています。瞳が回る位置は現在の時間に対応しています。黒い瞳の外には黄色の虹彩があり、映画の中の邪悪なイメージに近いです。ピエロの口は「月相皿」で、赤い舌は月を表す。

 
42 mmのケースは精密鋼で作られ、厚さは13.7 mmで、リングの縁には「CLOWN」という文字が刻まれています。新時計は特別に「双表冠」のデザインを残しており、ピエロを構成する両耳――3点の冠をチェーンやスクールに使用する場合、9時の冠を月相調整に使います。

 
カリバーK 07-0自動上鎖ムーブメントを搭載し、ETA 2824-2ムーブメントをベースに改造しました。複雑な機械構造のため、このムーブメントの動力記憶は元の42時間から38時間まで下がり、周波数は相変わらず2800 vphです。赤い縫い目のわに革のバンドを合わせます。

 
価格は9900ドルで、リシャールミルスーパーコピー限定27枚で、「ピエロの魂返し」を象徴するPennywiseピエロは27年ごとにアメリカのメイン州のDerry町に戻ります。