Type 2 e-Crown®Conceptコンセプト腕時計:電子時計冠

「Type 2 e-Crown Concept」は、新たに開発された「電子時計クラウン」(e-Chrown)のスマート技術を搭載し、従来の冠手動調整時の機能に代えて、自動的に時間を設定できます。
「電子時計の冠」は本物の冠ではなく、ブライトリングコピー87の部品で構成されています。ケース内の厚さが0.25 mmしかないプリント回路基板に搭載されています。軌道式の文字盤システム(ROCS)と深さ改造のETAムーブメントに接続されています。

 
表の底の蓋の上のチェーンを通して時間を設定すれば、腕時計を手動で調整しなくてもいいです。電子時計の冠は毎日少なくとも一回の時間を測定します。どんな誤差があっても自動的にムーブメントの時間を調整します。

 
Resenceの設計計画によって、着用者は時計鏡を軽く叩いて電子時計の冠システムを制御することができます。またはBluetooth接続を通じてAPPに高級な設定を行うことができます。所在都市を選択し、設計時区を編集し、双時間区を表示し、冬時間/夏時間を自動的に切り替えることができます。着用者はまた、3つの異なるモードを選択することができます。最も正確な全電子表冠モード、半電子表冠モードまたは純機械モードです。

 
この腕時計は直径45 mmのチタン合金製で、次世代のシームレスな軌道式文字盤システムを備えています。腕時計を身につける時、ムーブメントは腕の運動に従って自動的にエネルギーを蓄えます。電子時計の冠は毎日1.8カラメルだけを使います。

 
腕時計が静かな状態にある時、電子時計の冠は自動的にスリープモードに入ります。もしエネルギーの貯蔵が50%を下回るなら、文字盤の動力記憶盤の周りの小さい窓は自動的に開けて、マイクロ太陽電池でエネルギーを獲得します。

 
しかし、フランクミュラーコピー文字盤が密閉されていないため、この新しい表はResenceのマーク的なオイルを使って文字盤を塗りつぶしていません。実際に着用した効果にはがっかりさせられます。