「自動車機械」Academia Endless Drive腕時計

「Academia Endless Drive」腕時計ロレックスコピーは、「回るスクリュー」を文字盤の中心とするデザイン要素として、創始者J e me de Wittの「自動車機械」インスピレーション設計に敬意を表します。

 
殻の直径42.5 mm、殻の側面のうねりはナポレオン一世を象徴する「帝王柱」から来ています。冠には「ダブルW」のマークが刻まれています。黒いメッキの文字盤は手作業で加工されています。文字盤の一番の注目は中間の銀色の「ねじ棒」、「ねじ棒」の中間の螺旋とバネ箱の上のチェーンギアが連結されています。腕時計が動く時の動力消費に従って回転します。そして12時の小窓の中で「赤/緑」の目盛りによって動力備蓄状態が現れます。

 
時間の出現は更に簡単で、2つの対称的な小皿を通します。左の小皿は12時間の皿で、右側は時間盤、時計回りと分針は2つの小皿の12時の上の三角です。

 
自分で生産したDeWitt 500を搭載して、自動的にチェーンの芯に乗ります。周波数は21600 vphで、320の部品からなり、動力は59時間蓄えられます。特別に設計された上鎖システムは「スクリュー」と接続されています。ムーブメントの動きに合わせて下に回転します。「時の流れは逆転しません」という意味です。チェーンを付け替えると、「スクリュー」が縦軸上に位置します。

 
黒いサテンと砂の小牛革のベルトを組み合わせて、防水深さは30メートル、ガガミラノスーパーコピー官価は39000スイスフランです。