Jaquet Droz修復完了「Singing Bird Clock」時報鳥置時計

Jaquet Drozは骨董品の複雑な置き時計の修復作品「Singing Bird Clock」の時報を受けたばかりです。この置き時計は最初にブランドの創始者であるPierre Jaquet-Drozによって作られました。かつてはナポレオンによってルートブルク王女キャサリーナにプレゼントされました。200年を超える。

 
ピレJaquet-Drozは18世紀の機械自動装置の先駆者の一つで、複雑な構造の自動時報計を複数作った。1983年、イギリスのコレクターが置き時計をスイスの力ロック時計博物館に寄贈しました。Jaquet-Drozは2年間かけて検査と修復を行いました。ついに、置き時計の正常運行を実現しました。

 
Singing Bird Clockは主に雲杉の木から作られ、外観は帝国風の金メッキパーツ、白い時計の表面にアラビア数字が印刷されている時の標識、中央の二重針の模様もとても綺麗です。置き時計の上半分は鳥かごの形をしていて、かごの中に生き生きとしたカナリアがいて、鐘の裏の金属板にJaquete-Drozのサインが刻まれています。

 
時計のケースの内部には駆動装置が取り付けられています。1.8メートルの長い胡麻のチェーンが二つあります。時計のムーブメントと一緒に作業します。時や15分ごとに、かごの中の鳥は胸を張って尾を振ったり、口を開けて鳴いたりします。10本のフルートを持っています。6種類の曲調があります。

 
Singing Bird Clockは現在、スイスのLa Chux-de-Fondsの国際時計博物館に展示されています。その後、スイスNeuch tel市に巡回して、11月からリーロックの博物館に戻ります。