Type 2 e-Crown腕時計:電子時計冠技術

ベルギーの独立時計工場のResenceは、新しい作品「Type 2 e-Crown」を発売したばかりです。ブランドの最新開発した「電子時計クラウン」のスマート技術を搭載しています。この腕時計のコンセプトは去年のSIHHの間にすでに発表されました。

 
この腕時計は45 mmのチタン合金のケースを持ち、灰色または黒の2種類のPVDコーティングバージョンがあります。文字盤の設計は去年の概念図に基づいていくつかの修正を行いました。一つの中央の針は分を示しています。他の三枚は長いから短いまでそれぞれ時間、秒と電子の冠の状態を示しています。

 
「e-Corown」はマイクロ電子モジュールで、ケース内でレール式文字盤システム(ROCS)と深さ改ぞうされたETAムーブメントと接続されています。時計の底の上でチェーンを通して時間を設定した後に、電子時計の冠は自動的に腕時計の走る時を検査して校正して、もし腕時計が長期にわたり静かに置くならば、電子時計の冠はねじを制御して仕事を停止して、再び活性化された後に再度自動的に時間を調節します。

 
腕時計はまた、マルチタイムゾーンの機能をサポートしています。Resenceの携帯アプリBluetoothを通じて電子時計の冠に接続できます。都市リストの中でタイムゾーンを選択してから、軽くメーターを叩くと切り替わります。冠状態盤では、針が「黄色」と「緑」を指してそれぞれ異なるタイムゾーンを表し、「青」は「APPに接続」を表し、「灰色の三角」を指すと電子時計の冠が閉じた状態を表します。

 
腕時計はカスタムETA 2892/Aを搭載し、36時間の動力備蓄を提供します。電子時計の冠はムーブメントの動力を消費しません。小型の光伏電池を使って運行しています。電力が不足すると、文字盤の小さな窓が開けてエネルギーを得ることができます。あなたも携帯アプリで事前充電をコントロールできます。

 
公定価格は42000スイスフランです。