マスターシリーズスペシャル作品:5000万枚目の腕時計

Longinesは唯一の作品「Master Collection 50’000’000 th」を発売しました。これはこの時計工場がこれまでに作った5000万枚目の腕時計です。歴史を検証する一里塚の作品として、Longines本部の博物館に永久に収蔵されます。

 
この特別版腕時計はLonginesのマーク的なデザイン要素とスタイルを継承しています。バラの金のケースの直径は40 mmで、最新のL 897を搭載して、自動的にチェーンのムーブメントをつけて、動力は64時間蓄えます。銀白色の玉石の透かし模様の文字盤に柳の葉形の青い鋼製の針を合わせて、3時は月と日付の窓です。透明時計の背には「50 Million」とブランドの「飛翼砂時計」のマークがついています。

 
1830年代の創始以来、Longinesの腕時計はそれぞれ独特のシリアルナンバーを持っています。初期の手書き記録帳から、1970年代のマイクロフィルム記録まで、現在のLongines電子アーカイブ(LEA)まで、5000万枚の腕時計のファイル資料が適切に保存されています。