Autavia大三針腕時計:飛行精神に敬意を表します。

TAG Heuerは2019年にBaselworldに新しいシリーズを発表しました。「Autavia」は1960年代の名作Autaviaの計器パネルのクロノグラフを尊敬しています。その名前はatomobileとaviationの二つの単語の組み合わせに由来しています。スポーツと冒険精神を代表しています。

 
新シリーズはオリジナル作品の復古スタイルを継承し、現代のデザイン言語で細部を再解釈します。2019版Autaviaは全部で7種類の違ったデザインがあります。5枚は精密鋼のケースで、2枚は青銅のケースで、直径は全部42 mmです。両方向の回転計の輪にはセラミックの目盛りがはめ込まれています。超大型のブライトリングコピー表冠は明らかにパイロット表のデザインから取っています。背に刻まれたタイヤとプロペラの模様は更に呼応歴史があります。

 
スモークの文字盤は青、灰、黒、緑、ブラウンなどの5色があります。砂をすりつぶして特殊な質感を表しています。腕時計を現代に見せます。大きい三針の文字盤ははっきりしていて読みやすいです。レール式の分刻みは際立ったアラビア数字を組み合わせた時に表示されます。カレンダーの窓は6時にあります。

 
Calibree 5を搭載して、自動的にチェーンコアに乗り、周波数28800 vph、動力は38時間を記憶します。このムーブメントはTag Heuerの最新の研究開発したIsograph炭素複合材料を備えています。磁場の影響に効果的に抵抗できます。動力効率ももっと高いです。

 
オプションの皮革、NATOの時計のバンドあるいは精密な鋼の時計の鎖を組み合わせて、官価の3400-4200瑞郎。