時計オスカーが発表した入選リストBVLGARI、Zenithと並んで最大の勝者となりました。

「時計オスカー」という称号を持つジュネーヴの高級時計大賞が先日発表されました。今年のノミネートリストは全部で84種類があります。その中でLVMHグループのブルガリとシンジ時はそれぞれ5種類のリストがあります。彼の時計(Audemars Piguet)とエルメス(Hermès)、アテネの時計(Ulysse Nardin)は4種類の表で入選して後を追います。

 
第19回ジュネーヴ高級時計大賞(Grand Prix d’Horlogerie de Genève、GPHGと略称する)は11月7日にジュネーヴで授賞式を行います。この時計業界の盛事は先日もコンテストのモデルリストを発表しました。高級宝飾ブランドBVLGARIは再度去年の実績を継続しました。様々な女性の時計、最高のマシン革新の時計、最高のタイムテーブル、最高のジュエリーウォッチなど5つの賞。今年のバーゼル時計展から発売されたOcto Finissimoの超薄型タイムGMTは自動的に腕時計、Octo Roma大自鳴陀飛輪万年カレンダーの複雑な機能腕時計、Serpenti Seduttoriバラゴールドチェックリスト、昨年下半期に顔を見せたDivas’DreamのRoman Nightローズゴールドの埋め込み腕時計、今年6月になって初めての腕時計です。公開されたSerpenti Misteriosi Romaniの神秘的なジュエリーリストが評価されました。

 
入選リストを見ると、BVLGARIは高級女子時計の製作に長じています。同じように5つの大賞に入選したZenithは複雑な構造で、男性の時計が長じています。Defy El Primero双陀飛輪腕時計は最高の複雑な男子時計、Defy Inventtor腕時計に選ばれます。あるいはBVLGARIと一緒に最優秀タイムテーブルを競います。のDefy El Primero 21 Carbon腕時計などです。ちなみに、Zenithが今年バーゼル時計展で発表した新型腕時計は、ほとんどすべてジュネーヴ高級時計大賞のリストに入っています。加えて7月にはEl Primeroムーブメント誕生50周年を記念して作られたEl Primero A 344 Revivalタイムテーブルも、大賞を獲得する見込みです。