恒久経典は伝統の宝齊莱臻品を大切にします。

1888年に始まり、スイスの琉森にちなんだ腕時計ブランドのボジレが創業者の家族三代を経て、昨年130周年を迎えました。家族伝承と琉森の神韻はボジレの「流されない」理念と発展方向を作り出しました。ブランドはマリウスの双外縁の陀飛輪腕時計を捧げた後、今年に引き続き伝統、卓越、革新、持続可能な発展の価値観を大切にして、絶えず発祥地の琉森から霊感を汲み取り、生産の革新力を見せています。完璧な表现技术と完璧な歴史の源を敬意を表しながら、新しい姿でブランドの源を解釈し、より多くの协力成果と时計の逸品をもたらします。

 
シリーズのカレンダーを継承して、ダブルディスクのクロノグラフは宝齊莱の企業文化と価値を凝集して、きっと1項の非常に優れている経典の腕時計です。カレンダーダブルディスクのクロノグラフは濃厚な古典的な復古デザインと洗練されたモダンな現代風を組み合わせており、ブランド表の歴史に対する回顧である。この腕時計は130年以上の神韻と工芸を融合し、時計、カレンダーとカレンダーの機能を一身に集め、クラシックなダブル時計の文字盤(BiComppax)のデザインに合わせて、宝齊莱の深い伝承の魂を表現しています。昨年に続いてブランドが新たにオープンした伝承シリーズの最新作です。