珍しいカジュアルビジネスウォッチマッチング

1. Tシャツ×スーツパンツ
Tシャツとスーツパンツの組み合わせがストリートを歩くすべての人に表示されると思います。この組み合わせは非常に晴れているように見えますか?エディターは、ズボンは必ずしもスーツに合わせて見栄えが良いとは限らないと考えています。この組み合わせは非常に若々しく、失われません。ビジネスセンス。ズボンの長さを足首よりわずかに高く変更し、仕立てを少し調整してスリムでぴったりとフィットしない状態にすることをお勧めします。

もちろん、このDivosウォッチを使えば、カジュアルなビジネススタイルを表示することもできます。
このスイスDAVOSA-ヴァンガードオートマティックシリーズ16151315メカニカルメンズウォッチは単一の凸面アンチグレアサファイアクリスタルガラス、極薄ウォッチ、厚さはわずか9 mm、ケースの直径は40 mm、レザーストラップはどんな機会にも着用できます彼らはすべてレジャーとビジネスの両方の気質を強調しています。

2.スポーツスーツ×ストレートジーンズ
ビジネスやレジャーの場では、実際にはきつい顔をする必要はありませんが、編集者の意見では、セミビジネスやセミソーシャルの場では、このような組み合わせはよりダイナミックに見えます。もちろんジーンズも必要で、色あせ、穴、リベットといっ​​たストリートの反抗的な要素が出てはいけないのは、やはりビジネスの場です。このような時計ロレックススーパーコピーに合わせることができれば、マッチ全体が明るくなります!

推奨時計:スイス、カルボのCYS-ヒストリドール歴史家シリーズ3195.1B機械式メンズ腕時計

この時計は見た目がシンプルで、絶妙なスモールセコンド文字盤とバウハウスのデザインスタイルが時間の魅力を素晴らしく表現します。クリーミーな白い文字盤が付いたブラウンアリゲーターレザーストラップ、シンプルでたっぷりとしたものは、カジュアルなビジネスシーンにぴったりです。 。

3.スーツ×スポーツシューズ
スーツとスポーツシューズは相性が悪いようですが、ビジネスやレジャーでこのような組み合わせを選ぶ人は少なくありません。スポーツシューズはスーツやスーツの固定観念を打ち破り、より自然に見えます。もちろん、そのようなマッチは依然として絶妙であり、たとえば、スポーツシューズの選択はシンプルなスタイルで設計され、誇張されすぎていることを忘れないでください。同時に、カジュアルなビジネスシーンの時計も見逃せないので、EPOS-Originaleオリジナルシリーズ3420.152.24.18.15の機械式メンズウォッチをお勧めします。
この時計のクラシックなシルバーホワイトの文字盤は、バウハウスのポインタースタイルと小さな目盛りを備えた、カジュアルでシンプルなものです。3時位置にカレンダーが表示され、全体的なカジュアルスタイルを強調する黒いクロコダイルレザーストラップが付いています。