江詩丹頓の傑作:M e tiers d’Arts

1755年にブランドが設立されて以来、江詩丹トンVacher on Continnのタイマーは文化と文化、国と国との間の交流の架け橋です。フラン・C.off Costantin本人は初めて世界を旅した人の一人です。彼のために、製造業の専門知識は世界中に知れ渡っています。今、スイスの職人たちはブランドと消費者の橋渡しだけではなく、日本の京都市で最も有名な象彦Zoiko蒔絵工房のアートパートナーです。「象彦工坊と江詩丹顿Vacherson Continnの価値と伝承は互いに利益があります。特に、二つのブランドはトップクラフトと専門技術の歴史に合わせて600年を超えています。」

 
三友「松、竹、梅がテーマです。彼らは3種類の寒さに直面して成長する植物で、強靱さと強靱さを代表して、冬の鳥と一緒に3種類の異なっている文字盤の上で描かれます。第二シリーズは「水の世界」を述べています。亀、蛙、鯉、蓮、アジサイと滝があります。シリーズの文字盤は装飾性が強く、象彦芸術品の多変性をより立体的に展示しています。このシリーズの文字盤は比較的暗いです。これは平目という技法のためです。漆を塗る前に平目粉を文字盤に撒きます。この技法の一つのステップです。次はモミダシ研磨といい、オイルストーンで光をキャッチします。続いてカキワリです。植物の葉脈の詳細を見せてくれます。素晴らしい芸術効果をもたらします。「2つのシリーズは非常に人気があります。ブランドの2012年の新作に期待しています。これは収官の作品です。私たちは初めての制作を完成したばかりで、新作の見通しが非常に良いです」とSelmoni氏は話しています。