「セミの羽のように薄い」柏高Paul Picot-FIRSHIREシリーズP 374.SG.411機械男子表

このFIRSHIREシリーズの超薄型自動コア腕時計の厚さは6.9ミリで、有名なLemania 1880自動コアを搭載しています。Lemaniaの芯は、宝玉時計に属しています。このムーブメントも大きな由来があります。このコアは浪琴で80年代に開発されたL 990の自動ムーブメントです。その後、Lemaniaのムーブメント工場に販売されました。改制を経て、今日のLemania 1880になりました。Lemaniaムーブメントはすでに他のブランドに供給されていません。

 
このタイプは簡単に帰るまでの無秒針、菱針の設計を採用しています。薄い腕と古典的な二重の殻とワニの皮のバンドは復古的で優雅です。ケースの40ミリメートルのサイズは、大雅で深く、袖口を缔める服装にとって非常に良い组み合わせです。袖口を挟んで、腕の间に半现中に现れた「薄さはセミの羽のようです」は简约な気质を表しています。厳密には正装表なので、ビジネスシーンでの併用を勧めます。