バンダイRef.5030 R腕時計の針性は複雑です。

第五世代の万年暦の時計であり、Ref.55270は間違いなく百達翡翠のオンラインモデルの中で最もポインタ性のある時計の一つであり、1941年の第一世代の万年暦の秒速表Ref.518から誕生し、後継の2499、3970、5970は有名なモデルではなく、市場の相場はいつも人気があります。5270は2011年にプラチナ版を発表して以来、白い面、青い面、乳白色面、各種の限定版が続々とあります。

 
2015年の5270 Rはこのモデルのためにバラゴールドのケース材質を初めて発売しました。他の部分はディスクの細部について微調整しています。また、同時に発表されたのはプラチナの銀面と青面もあります。全体の配置は百達翡翠麗万年暦の時計を維持する一貫してクラシックな設計である。三眼の盤面は12時、月の窓と組み合わせる。また、昼夜と閏年の小円窓は4時半と7時半の位置に独立し、一つの盤面を減らして二重の表示がある場合。

 
15年の変更はまず、6時位置の月相盤と面盤外縁測速計の目盛りが重なる部分で、CH 29系のムーブメントの輪系配置関係のため、3、9時の30分積分盤と小秒盤は面盤の中軸よりやや低く、6時の月相と日付盤の位置は下に調整されます。外周の速度測定器に重ねて、速度測定の目盛りを日の数字を避けるために下にカーブさせます。あまり美しい形ではなく、「あご」とも言われています。

 
2015年以前の5270 Gは第二次版の中でこのようなデザインがありますが、『15年の新モデルはこのブロックの速度測定目盛を省略し、日付の数字をはっきり露出することを主としています。このように重さを量る方式は突飛な弧を避けて、同時に盤面の完備度を維持します。
5270以前の「長い顎」のデザインは個人を見るのが好きではありませんでしたが、昔の古い額面の周りには速度測定の輪がありました。簡単すぎると感じる人もいるかもしれません。複雑な機能表としての派閥がないです。今の新型の目盛りは複雑で、勢いがあるように見えます。良いブランドが変わる。