人気スポーツの話題を乗せてOMEGA、TAG Heuerと並んで限定腕時計を押します。

サッカーにしろ野球にしろ、テニスにしろ、スポーツに関心がある人はかなり多いので、時計ブランドの大作文章の題材になりました。オリンピックの「鉄カレー」になったオメガ(OMEGA)はこのほど、2020東京五輪の限定表2つを発表しました。タイガー・豪雅(TAG Heuer)はマンチェスター連合チームが上海でシーズン前のツアーをする間に、正式にカルラシリーズの連名表を発表しました。

 
一年足らずで東京夏季オリンピック大会が登場します。この四年間に一度のスポーツイベントは相変わらずOMEGAが公式の指定時間を担当します。だからこれまでのやり方を続けて、ブランドは相変わらず限定記念表を出して、この偉大な伝統を明らかに示します。OMEGAは有名な2つの腕時計をもとに、海馬Aqua Terra東京2020限定版の表を作成し、海馬プラネットOcean東京2020限定版の表を作成しました。いずれも数量限定で2,020本です。その中のAqua Terraの腕時計はこのシリーズの初めて見る陶磁器の文字盤を採用して、その上の格の紋様は東京オリンピックのLogoから来たので、組み合わせは同様に青い系のゴムの時計のバンドです。もう一つのオリンピック限定表は、日本国旗の赤と白の二色から転化したものと見られています。2020年の東京オリンピックの年に向けて敬意を表したいと思います。

 
TAG Heuerさんはサッカーに注目しています。今年はマンチェスター連隊が1999年にイギリスリーグとイングランドサッカーのワールドカップの二つの国内トップ試合の優勝を獲得しました。ヨーロッパチャンピオンリーグで優勝して二十周年になります。2016年からマンチェスター・ユナイテッドクラブの公式タイムとしてスタートしたTAG Heuerは、これをきっかけに99本限定のカルラシリーズの連名腕時計を発売しました。ブラックオパールを使用した文字盤は、9時の計時盤にマンチェスター・ユナイテッドのマークが印刷されています。ケースはブラックのPVDコーティングのステンレス製で、ブラックのドーナツに合わせて、ベースカバーはシールドのマークとベージュの「1999-THE TREBLE-20 YEARS」と「1 OF 99」の文字が印刷されています。