東方屏風文字盤GQ特別画版

大体のところ、東洋人の繊細さは彼らに現実を還元させ、絵をより真実にすることができます。宋代から盛んになった「花鳥画」は画家に一生をかけて一つの対象を描くように要求しました。「花鳥画」は実際に植物、動物と昆虫が自然界のあらゆる生存状態と成長現象を含んでいます。花や蝶を描くためだけに。

 
小さな花でも、複雑で精密な構造があります。その花びら、蕊、雌蕊、雄蕊、葉の脈絡は自然界の生物と同じです。自然界に存在する本当のものを完全に参考にして、描写します。日本が守ってきた風物詩とよく一致します。

 
例えば、花で描いた文字盤、中国人は刺繍で美しい中国の「花鳥画」の境地を描き、詩を添えなければならない。これは40 mmの文字盤に刺されています。この「バタフライ」の絵を完璧に再現したいと思っても、刺繍のように蕊と蝶々の前足の描写まで細かくできません。蝶々の足が細すぎるからです。

 
刺繍師は花と蝶の片面を刺繍します。一つの花弁の模様は全部千針の糸を通して、牡丹の花が満開になるまでの真実な効果があります。二つの翼を広げた蝶々は花びらの上に落ちます。蝶の細い中足と後足は花弁の上に付いています。全部蝶々の静かな状態と花弁の成長秩序を表しています。刺繍の刺繍工は針一本で、写実的な工芸を完成しました。