「命がある」金属TUR Heritage Black Bay Bronze青時計

本質的には青銅を選ぶことは、長期的な協力関係に対する礼賛である。帝舵計はかつて世界のいくつかの強大な海軍と協力しました。その中にフランス海軍とアメリカ海軍も含まれています。これらの部隊は帝舵潜水腕時計を広く使っていました。この提携関係は1954年に始まったばかりで、帝舵時計の最初のダイビング腕時計(型番7922)が1980年代まで続いています。

 
青銅のケース、青銅色のPVD鋼底カバー、表径43ミリ、青銅一方向回転外輪、ダミーブラウンの陽極アルミナ字輪、ブラウンの表面、帝舵製造MT 5601双方向スイングタリウムシステム自動上鎖ムーブメント、COC認証、動力備蓄約70時間、旋回式古銅色のPVD鋼上チェーン冠、帝舵バラマークが刻まれています。円アーチ型の青い水晶の鏡の面、防水の200メートル、古皮の時計のバンドをまねて、古銅のバックルを配備して、時計の箱は別に編みの紋様の時計のバンドを付け加えて、古銅のバックルを配合します。

 
Heritage Black Bay Bronzeはアルミニウム銅合金で製造されています。その優れた耐食性を備えているので、この合金は通常、海軍工程において水に長時間浸漬する部品(例えばプロペラ)を作るのに使われます。典型的なアルミニウム銅合金は通常4%から14%のアルミニウムを含み、残りの成分は銅である。新しい状態では,アルミニウム合金は金色の色を放つ。

 
銅は「命がある」金属で、外観が変わります。異なった環境条件下では,銅は異なった程度の緑色錆を発生するが,最も典型的な変化は異なった程度の暗さである。帝舵表の研究開発チームは三年間を経て理想の銅合金を見つけました。この銅合金は緑錆の発生を制御でき、同質になり、さびにくく、最終的に着用者の生活習慣が安定し、唯一無二の深いチョコレート色を形成します。