BovetRécital22 GrandRécitalウォッチ

これは、ボベットのこれまでで最も複雑な時計の1つで、文字盤に「ソーラーシステム」を作成し、太陽、地球、月をトゥールビヨン、アワーディスク、ムーンフェーズディスクとして再解釈し、独特の天体の色を示しています。

 

文字盤の6時のトゥールビヨンは太陽を表しており、連続的に回転する地球は24時間の文字盤で囲まれ、6時の白い三角形が時間を示します。外側の月は地球の周りを29.53日ごとに回転し、2つの月の相対的な関係を示しています。 位置:ダイヤルは3時位置のパワーリザーブインジケーター、7時位置の日付表示窓、9時位置のレトログラードミニッツディスクです。ケースの裏側を裏返すと、永久カレンダーが表示されます。

 

46.3mmローズゴールドケースには、472のパーツで構成される手巻きムーブメント、スイング周波数18000vphが装備されており、1つのバレルで最大9日間の電力貯蔵が可能です。