Arceau Squeletteの中空時計は複雑なムーブメントの構造を巧みに明らかにします

1978年に誕生したエルメスアルソーの時計は、アンリドリニーによってデザインされ、独自の要素を備えた正式な古典主義の縮図です。 2020年、エルメスは新しいアルソースクレットの中空時計を発表し、ムーブメントの複雑な構造を微妙に明らかにしました。

 

時計は、スモークサファイアクリスタルダイヤルを備えた丸いステンレススチールケースを使用しています。 文字盤は、円形のミニッツスケールとシルバーの数字が並んだ深みのあるブラックのアウターリングから、クリアで透明なセンターに徐々に変化し、中空のムーブメントのスケルトンを示しています。 スプリント、チャコールグレーのギア、くぼんだ自動ディスクは、軽くて細い時針と分針で遊んでいるようです。

 

同時に、中空のデジタルスケールとエルメスの商標が宙に浮いています。 この風通しの良い時計は、自動巻き機械式ムーブメントによって駆動されます。 ブラックのアリゲーターレザーストラップと同じ色の文字盤を備えたこれらのパーツは、エルメスの時計工場と職人によって丁寧に作られています。