IWCクラシックマーク18には、ブルーフェイスリトルプリンスの特別版もあります。

もちろん、IWCのパイロットシリーズについては、最もクラシックなマークは必見です。このシリーズの最新バージョンはマーク18です。白と黒のフェイスを備えたベーシックモデルに加えて、IWCはリトルプリンスまたはトップを次々とカルティエスーパーコピー発表しました。銃をはじめとする特別なモデルが豊富で、今回は星の王子さまのマーク18とベルトのスペシャルエディションIW327010が登場します。

 

マークシリーズの径は元々世代ごとに大きくなる傾向がありましたが、2016年に王朝がマーク18に変更された後、テーブルの直径は40mmに縮小されました。おそらくそれはマークの以前の外観に戻り、現在の時計に対応するためでしょう。ファンが愛する適度なサイズのフレーバー。マーク17と比較したマーク18のより明らかな変更は、日付表示ウィンドウが基本的な正方形の表示ウィンドウに戻ったことです(マーク17の扇形の表示ウィンドウは、航空機のダッシュボードを模倣し、昨日、今日、明日の表示を表示するデザインです)。対照的に、Mark 18には扇形の表示ウィンドウの革新的で実用的な機能はありませんが、フェイスプレートがより簡潔に見えます。

 

マークシリーズの文字盤は、オリジナルのマーク9から始まりました。パイロットがよりはっきりと読みやすくするために、文字盤は進化を続けています。教会式の手から、よりシンプルで明確な剣型の手に変更されました。アラビア数字は、徐々に大きくなり、変更されました。厚く、マーク16の後は、6、9の時間スケールをキャンセルし、単純な円柱状の時間スケールで表示します。これにより、明確な表示のパフォーマンスが向上します。さらに、12時の三角形のマークなど、マークのクラシックな機能が保持されています。 IWCリトルプリンススペシャルエディションの共通機能はブルーダイヤルです。これは、スペシャルエディションのアイデンティティを意図的に強調しないこのスペシャルエディションのアイデンティティを継続しますが、統一されたカラーシステムに依存してユニークなスタイルを形成しますが、テーブルの裏側に目を向けると、ケースの裏側には星の王子様の刻印が残っており、通常版の裏側には飛行機とは違った独特の雰囲気が漂っています。

 

もともと、マーク18の運動は2つの派閥に分けることができます。1つは30110運動を使用し、もう1つは35111運動を使用します。前者の基本運動はETA 2892-A2で、後者の基本運動はセリタSW300-1です。ムーブメントの直径、パワーリザーブ(42時間)、てんぷ車の振動周波数(4Hz)、秒針の日付機能など、2つの仕様はそれほど離れていませんが、35111ムーブメントの宝石の数は、30110の宝石の数より4つ多くなっています。しかし、スピットファイアとトップガンのシリーズが基本的な3針モデルを続けて追加し、2019年に初めて32110ムーブメントを導入した後、マーク18は35111ムーブメントになる予定でした。スーパーコピー時計価格の面では、35111ムーブメントが装備されています。コアのスタイルは、32110ムーブメントよりも少し心のこもったものになりますが、日常の摩耗の実際の経験はそれほど変わらないはずです主な理由は、外観のデザインが自分に合っているかどうかです。