クリスタルのティアナ!ショパンL.U.CフルSterike三問表

L.U.Cシリーズは2006年に1時間の時報を発表した小さい自鳴表を発表しました。L.U.C.Strike One腕時計は各時刻に時刻を知らせます。今年、このシリーズにはショパンの研究開発によって組み立てられた三問表が追加されました。「公平採鉱」の認証を受けたバラ金の材質を採用して作って、表の直径は42.5ミリメートルで、綺麗な透かし模様を持っていますが、美しい外観の内部には多くの重大な技術が秘められています。

 
ショパンL.U.CフルSterikeの三問表は、透明水晶のクラリネットを叩いて時間と刻鐘と分を報告する特別な時計です。クラリネット巻きは腕時計の鏡面と連結し、より一層完璧な拡声装置となり、正確に音槌(10時位置を一望できる)によってサファイアの透明水晶を打つ音を伝える。その腕時計の音は純粋な音質で、レベルが豊富で、まろやかで重厚で、共振が強く、かつ余韻が漂う天籟の音です。

 
この三問表はショパンがこのために開発した08.01-Lのムーブメントを搭載しています。このムーブメントは一万五千時間近くかかり、三件の特許を申請しています。60時間の動力を備えています。その中で、特にムーブメントには、ムーブメント機能の正常な動作を保護するための安全防護システムが備わっています。この腕時計の冠を一つの方向に回転させるのは、ムーブメント上のチェーンとして使われています。他の方向に回転すると、アラーム装置上のチェーンとなります。L.U.CフルSterikeの三問表ですので、十分な運動エネルギーを持っています。12回の音を鳴らすのに一番長い12時59分です。また、2時の位置にもダブル動力メモリディスプレイを備えており、その上に重ねた2本のポインタはそれぞれ時報装置とムーブメントの動力貯蔵状態を示している。また、時計の冠に配置されたボタンを押さえれば、腕時計の音の美しい響きが聞こえます。最も人を感動させる天籟の音です。