帝舵Advisor鳴り響く腕時計Ref.72926

帝舵Advisorが腕時計を鳴らして、ここ数年来の時計市場の中で比較的に有名な時計です。この時計はまず1957年から7926年まで押して、1952年に帝舵が使ったカキ式王子型の時計を採用して、今の帝舵骨董のカキ型のカキ式のカキのカキ式のカキ式の時計の中で比較的に人気があるモデルです。1957年から1977年まで、帝舵は全部で3つのタイプを生産しました。は、最も有名な7926を除いて、1537と10050があります。2011年には、帝舵は独自のスタイルを発展させたため、1957年の7926をモデルにして、新しい巻き時計を発売しました。つまり、今日よく見られる79620 Tです。デザインから言えば、私はoyster princeのAdvisorデザインがもっと好きです。一本の赤い針は全部を表しています。

 
7926腕時計は冠を含まない時計の直径は34ミリで、いいサイズです。二つの時計の柄があります。上部の時計の柄は巻き取りのねじとタイミング用です。下の表は主ねじに弦を巻く時と調整する時に使います。内部にAS 1475のムーブメントを搭載しています。このムーブメントは当時多くの巻き合わせて使われていたムーブメントで、代表的です。79620 Tは基本的に7926のデザインスタイルを継承しています。時標の目盛り、針の形及び文字盤を含みますが、現代モデルとしては、性能を大幅に強化し、動力貯蔵表示を追加しました。ボタン基本ムーブメントを使って、騒音モジュールを搭載しているので、この時計の厚さは侮れません。

 

http://www.agoodwatch.xyz/