優雅な伝承と革新の再現

前世紀の50年代に、ティソはブランド誕生100周年を祝うために、カレンダー付き窓デザインの唯思達シリーズの腕時計を発売しました。この年の時計工業は画期的なマイルストーンという意味を持っています。これによって、英語シリーズの「Vistate」と名づけられました。は「日付」ですこの時点で、ティソ時計は前世紀50年代に戻り、創造的に復刻し、新しい2019年唯思達シリーズのクオーツ腕時計を発売しました。

 
ティソの唯思達シリーズの石英の腕時計は当時の流線型の文字盤、精致な表面の時計回りと点眼のペンとして3時の位置のカレンダーの窓に位置しました。元の腕時計の経典を再現する以外、この腕時計も巧みに現代の技術の精華を注ぎ込んで、3時の方位のカレンダーの窓は原版と比較して更に近代的な美学の特色を備えて、精致に磨き上げた金属の長方形のカレンダーの枠を採用して象眼して、カレンダーの読み取りを更に直観させて、文字盤を更に立体的にならせます。レトロな斜体のティソのロゴと古銅色のケースは、現代のレトロな質感をより強く表しています。多種類のベルトはレトロなアーチ状のケースに合わせて、復古の外観の中で独特な現代美を現して、腕の間で身につけて、20世紀の復古を眺めて懐かしむことができて、21世紀の無限な望みをも展示することができます。