帝舵を改めて正装表を押す。

帝のかじといえば、多くの時計が最初に考えたのは全部碧湾のようなスポーツの時計で、彼らの正装の時計についてはいつも無意に無視していました。例えば、今年の1926年に、帝舵はこの時計を力いっぱい持ち上げたいですが、いつも波瀾が起きません。この不利な局面を逆転させるためか、帝舵は先日、駿玉シリーズのダブルカレンダー型を発売した。ブランドの代弁者ベッカムがホームにした。

 
新商品の駿玉のサイズは42 mm、6時の位置は小秒盤、12時の位置はダブルカレンダーです。色と材質にはいくつかのバージョンがあります。例えば、文字盤の色は銀色、黒、シャンパン色と乳白色があります。ケースの材質はスチールとゴールドなどがあります。組み合わせはとても多様です。

 
この時計の一番魅力的なところは外見ではなく、内部のムーブメントです。そのムーブメントのモデルはMT 5641で、70時間の動貯蔵、シリコンの遊糸とCOSCの認証を持っています。性能はとても優れています。また、背中越しにムーブメントの動きを見ることができます。唯一の欠点は、ムーブメントの厚さが7.14 mmに達するということかもしれません。正装表には少し厚みがあります。

 
この時計の価格は材質によって3200ドルから販売されます。それは帝舵の正装表の勢いを変えることができますか?