スウォッチグループはきっと別の家を持つはずです。

時計業界で最も衝撃的なニュースの一つは、スウィッチグループがバーゼルの時計展示会から撤退したことに違いない。スウィッチグループは世界最大の時計グループです。傘下の宝玉、宝パース、オメガ、ロンジンなどのブランドは大きな話題性と注目度を持っています。その展覧会のキャンセルはバーゼルの背骨を大幅に引き出したことに相当します。

 
撤退の原因については、スウォッチの幹部もよく説明しています。それは収益がコストに追いつかないということです。グループの毎年の出展コストは約5000万スイスフランで、負担は大きいです。しかし、今彼らは展示会に来て、彼らと商談している販売店はいつも古い顔で、もともとは馴染みのある家庭の協力関係です。話もしなくてもいいです。新しいお客さんを開発するなら、ネットで素早く解決できます。バーゼルに来なくてもいいです。バーゼルの展示会や現地の食事と宿泊はとても暗いです。銀子が使っていくと、誰もが心を痛めますよ。計算してみれば、この5000万スイスフランは投げ続けます。帰ってもいいですか?ですから、スウィッチさんは思い切ってテーブルを開けて行きました。「もう遊びません。」

 
しかし、走者は痛快であるが、製品の露出、顧客の開発及びメンテナンスなどのことはいつまでも諦めてはいけません。代替手段を探さなければなりません。個人的には、スウォッチグループの次のステップの動きは、自分でドアを構えると予測しています。つまり他の人が作った時計展に参加しないで、自分で展覧会をやります。まるでアレクサンドグループがジュネーヴショーを作って、他のブランドを引きつけて参加します。

 
理由は簡単です。第一に、自分で展覧会を運営するのはコストをコントロールするのに役立ちます。投資額は自分で計算します。第三者の展示会に参加するように、鼻息を上げて、お金をいくら払えばいいですか?他のブランドの共同参加を引くと、この自主展示会の規模はかなり大きいです。第三に、業界の先輩はすでに参考になる成功経験があります。バーゼル展示会と並ぶジュネーヴ展は歴代グループによって開催されます。スウェーデンは世界のトップ腕時計の巨頭として、心を動かさないのは不可能です。