若者に人気のアテネ時計

Freak Xシリーズ腕時計
新型Freak Xが出ると、時計の輪が驚きました。以前は、この個性的なFreakシリーズのオファーは最低でも三十数万円でしたが、今回のアテネは急に価格を14万件まで抑えました。しかし、お金を払って商品を分けます。よく見ると、新商品はサイズを縮小して、表冠を追加しました。(無表冠はもともとFreakシリーズの特色です。)平屋のムーブメントの輪系をキャンセルしました。直接に言っても、元ほど複雑ではないです。しかし、「シンプル版」のFreakでも、十数万円の価格は驚きで、福音に迷っています。

 
腕時計を透かして作る
Freak Xと同様に、クリアXは先代に比べて大幅な縮小サイズ(45 mmから42 mm)と値下げ(現在の価格は旧型の3分の1程度)を行い、より親和性が増しました。炭素の金の材料の参加はケースに黒金の相間を現れさせて、光を流して色彩をあふれる効果を流して、とても美しいです。

 
CLASSICO MANARA
アテネはイタリアの芸術家ミロ・マナハと提携した春宮表シリーズを発表したばかりの頃から多くの人の注目を集めています。そのマハは十枚の絵を描きました。独立して見ることもできるし、絵本と同じように連続して見ることもできます。絵は美しい少女と人魚との隔種的な恋のユリの物語を表現しています。精巧でロマンチックで、アテネ時計の航海遺伝子と完璧に結合した素晴らしい芸術品です。圏内ではこの一連の時計を「海の味」と呼んでいる人もいますが、なぜかというと、自分で調べてみたら分かります。