世界第三大時計展示会はそれですか?

二年前、スイス高級タブ基金(FHH)はマイアミの有名な芸術機関「マイアミデザイン区」と提携して高級時計展を開催しました。この展示会は「Watch&Wonders Mimi」と命名されました。消費者向けの高級時計に関する教育と普及活動です。多くの人がFHHについてまだよく知らないかもしれません。これは歴代峰集団、アイビーとセコノテガシワによって設立された基金会です。今参加したブランドは44個に達しました。ファンドの目的は消費者の高級なタブの認知と興味を育成することです。今年のWWMは大統領の日(アメリカの伝統的な祝日)の週末に開催され、人気が非常に高く、2018年の第1回展示会に比べ、出展ブランドは21個から30個に増加しました。出席人数も40%増加し、28,000人に達しました。

 
これに対し、FHHのFabienne Lugo会長は「今回のWMの効果に非常に満足しています。この展示会がアメリカ時計界の年中行事になりますように。」彼女はまた、来年彼らは第三回を続けると付け加えた。

 
実は数年前、FHHは香港で類似の展示会を開催しました。「Watch&Wonders Hong Kong」(WWHK)と命名され、同じく消費者向けに展示されています。残念ながら効果がよくないです。FHHはアジア太平洋地域がこのようなB-C(消費者向け)の展示会に向いていないと感じています。B-B(企業向け)のモデルにもっと適しています。考えた結果、彼らは場所を変えて展覧会を開くことにしました。マイアミです。Fabienne Lupoは原因を説明します。マイアミは南北アメリカ州を結ぶ重要な拠点です。」

 
その他の展示会活動との連動も考慮されるべきである。ほぼWMで開催された同じ時間に、マイアミヨットショーとマイアミ競技も開催されています。大量のヨットと豪車が展示されます。WWMはこの二つの活動と一緒に「名表、名車、遊覧船」との連動展示を実現して、より多くの潜在消費者を引きつけます。

 
WWMでは、出展ブランドが展示され、まだ公開されていない新品まで販売されますが、今後のジュネーヴ展とバーゼル展は4月に開催される予定です。WWMはこの二つの展示会の展望イベントになりそうです。最後に、Fabienne Lupoはアジア太平洋地域で類似の展示会を開催することを考えていると明らかにしました。場所は中国にあるかもしれません。