2019年新海馬、新超覇、新五十_…どれが一番好きですか?

2019年はオメガの超覇月面着陸50周年で、私達は去年の年末にオメガが必ず文章を作ると言いました。今回の展示会では、アポロ号の50周年限定モデルが登場しました。

 
このスーパーボスはCal.3881のムーブメントを採用していますが、実際にはCal.1.1861のムーブメントと脈脈を通じて、同軸チルト、ストップ秒機能、0~5秒/日の精度、15,000ガウスの磁気防御などの科学技術を加えました。

 
ケースは鋼質で、9時の部分の文字盤はオメガ独自の18 K月光金で宇宙飛行士オルドリンの月着陸の模様を彫刻しました。時計の背を越えると、アームストロングが月に残したあの有名な足跡が見えます。

 
もう一つのヘビー級の新型は海馬300 Mタイム計算機です。この新作はいろいろな色と材料を組み合わせて、いろいろなバージョンを形成しています。主な材料は鋼鉄と各種の合金です。

 
材料によって違いますが、新海馬300 Mタイムコード表はCal.900またはCal.901のムーブメントを採用しています。柱輪を備えています。動的に60時間貯蔵しています。その他、マスター天文台の認証、同軸拘束、15,000ガウスの磁気防御などがあります。

 
タイムセットが入っていますので、この時計のサイズは大三針版の海馬300 Mより少し大きいです。44 mmです。セラミックボタンとヘリウムバルブが付いています。文字盤にも波紋が使われていますが、個人的にはこのデザインが大好きです。オメガが続けばいいです。

 

http://www.agoodwatch.xyz/