宇宙飛行士のワルター・シュエラが着用した腕時計

二代目の腕時計としては、原型の「ワイドアロー」とは違ったデザインとなっています。この腕時計は黒いアルミニウムの時計の輪を備えていて、空軍のカスタマイズした棒付きのあめの形の秒針、Alpha形の時計回りと分針があります。1962年10月3日、アメリカの宇宙飛行士ワルター・シュエラはこのビッチ腕時計を身につけて宇宙に入り、初めて宇宙に入るオメガの腕時計にしました。その時、彼は自分の腕時計を身につけて、「西格コード7号」の飛行船に乗って、水星計画飛行任務を実行しました。以来、腕時計の超覇の宇宙伝説が始まった。