2019ブルー「大明火」エナメル腕時計宝玉クラシカルシリーズ5177

珠玉の新たなクラシカルシリーズ5177腕時計は、ブランドの前例のない上品なブルーの「大明火」エナメル文字盤モデルを発売しました。そのランドマークのブルーは、現代的な質感で上品でシンプルな珠玉スタイルを際立たせています。

 
18世紀、繁雑で華麗なバロックの風格は盛んに行われていますが、アブラハム・ルイ・宝玉氏は洗練された優雅な美学デザインを尊重しています。その鮮明なタブスタイルはエリートたちに人気があり、時代のシンプルなファッションのリーダーとなっています。2019年に発売された新たな珠玉クラシカルシリーズ5177の青い「大明火」エナメル腕時計は、まさに新古典主義のシンプルなスタイルからインスピレーションを受け、新機軸として宝玉の針を用いたランドマーク的な青い装飾盤を用いて、これまでにない深い青の「大明火」エナメル文字盤を表現しています。

 
新たな文字盤の色調感は、青い鉄格子の針が示す青に由来する。文字盤の製作過程における微妙な色収差を避けるため、色調が正確に一致することを確保するため、染料の研究開発は極めて厳格である。制品の色だけは800℃の高温で制造する过程で绝対的な安定を维持して、“大明火”のエナメルの文字板の制作要求に达することができて、独特なテクスチャの质感を実现します。

 
時間が明確で読みやすいように、ロジウムメッキの宝玉の針は青い文字盤の映り下でより目立つようになりました。また、銀めっきを施した珠玉の数字は星、菱形、鳶尾の目盛りを大きくしたデザインサイズを採用しています。時の目盛りと細かい粉でチェックし、浮き彫りのような微凸感を演出します。日付ウィンドウの背景色がより深くなり、同じプロセスで処理された日付の数字がより目立つようになります。また、隠し珠玉のサインはエナメル文字盤の6時の位置にあります。珠玉のすべてのエナメル時計は、アブラハム・ルイ・ボーダーの発明によるシンボル的な珠玉の数字を使用しており、1787年に創製されたナンバー15の自動巻き懐中時計はその中でも最も代表的な作品です。