Minimalシリーズの腕時計はシンプルでレトロなものと融合しています。

時計は時間を運ぶもので、抽象から具体的になるために、人間はそれに依存して時間の経過を感知し、瞬く間に人々の日常生活に欠かせないものとなった。

 
二十世紀の初めに腕時計が普及してから、腕時計のデザインはシンプルなスタイルを基調としています。腕時計が普及して間もないころから、女性の腕時計も大幅に発達し始めました。男性の腕時計と違って、女性の腕時計は多くの組み合わせや装飾によって人々の視野の中に現れています。前世紀の二十年代から、女史の腕時計のデザインは大胆で斬新になりました。宝石やダイヤモンドなどの華やかな要素も惜しみなく腕時計の装飾として使いました。当時は男らしいビッグサイズの腕時計が男性に流行していましたが、それに比べて女性の腕時計はとても精巧で精巧でした。ファッション腕時計はその時からずっと衰えません。

 
ファッション腕時計の「黄金時代」は70年代まで続いています。自由至上の人々はファッションに対して無限の想像力を持ち始めて、美意識に対して反逆しました。伝統的な美的センスを捨てて、女性の腕時計はアクセサリーに限らず、個性的な表現になりました。人々は腕時計の計数、時間の基本的な機能の需要を調べて、更に多元の機能と誇張した設計の需要に対して変えます。この時代は、単なるレトロブームの時代だけでなく、ファッション、デザイン、音楽、装飾などの分野にも長くインスピレーションを与え始めた時代であり、腕時計の世界にも大きな影響を与えました。

 
80、90年代になって、腕時計はシンプルで優雅なスタイルに戻りました。同時に、自己表現を熱望する若者たちは腕時計をより多くの芸術要素の出現を始めました。腕時計は現代の若者にとって、自分のセンスと態度の現れであり、更に個人の品性の現れである。

 
近年では、非常にシンプルなスタイルの人気があり、古典的なレトロなスタイルも潮流を取り戻し始め、古い時代の元素が世の中を再現し、ますますファッションに夢中になりました。日進月歩の現代でも、多くの腕時計のデザインは二十世紀初頭の古典腕時計のスタイルから切り離せないものがあります。古典、復古は腕時計の世界のDNAであり、腕時計の本性のためです。“復古風”が流行している今、流行のCALVIN KLEINの腕時計のアクセサリーを見逃さないで、勢いに乗って1項のきわめて趣がある腕時計を出しました。