視覚盛宴サファイアRICHARD MILLE RM 07-02 PINK LADY紅粉佳人サファイア自動チェーン腕時計

RICHARD MILLE RM 056 FELIPE MASSAサファイアドーバーのダブル秒追跡針レースのクロノグラフの大きな特徴は、その全体の表殻にあります。表輪、時計リング、ケースの底蓋は、ブロック全体のサファイア切断、研磨を採用しています。工事の壮挙、視覚の盛大な宴会と言えます。このサファイア構造を作るために、強度と快適性の要求を満たすために、長年にわたって研究と試験を行った。このような複雑なケースデザインはサファイアの材質を使うのは初めてです。サファイアは傷に強い素材で、地球上で最も硬い材料として知られています。9.0級のモアレ硬さに達します。アルミナ(Al 2 O 3)結晶を用いて作られ、その特殊な分子構造は透明に見える。この種のマシンの加工はRichard Milleが直面している最大の挑戦であり、これはすべてをより困難にしています。サファイアの加工技術が非常に細かいからです。非常に困難ですが、サファイアは研磨と切断の間、わずかな誤差も許されません。

 
このような品質に達するためのケースを作るには1000時間以上の加工が必要です。この中で、ケースケースの前成形は430時間で、350時間の研磨が必要です。そしてダイヤモンドヘッド付きの特製カットツールを採用しなければなりません。RM 056はその特殊な制作と研究開発の性質のため、限定的に5枚だけ発行して、表の歴史の上の新しい紀元を創始しました。