ヴィンテージカラー:Big Crown Pointer Date

Oris骨董品表の代表を選ぶなら、1938年に誕生したビッククロウの針式日付表は絶対に私の心の中の第一選択です。誕生から70年以上が経ちました。識別性に満ちた指針の日付が最大の特徴です。最初の姿がどうだったか気になります。ブランドの本をめくってみたら、一番早いのは6時の位置に小さい秒針があります。文字盤にはアンティ・ホークと夜光の材料としてトリチウムガス(T)という文字が印刷されていて、博物館で見たら足を止めて多く見られるタイプです。

 
今年発売されたBig Crown Pointer Dateは1984年以降に改版されたデザインで、小さい秒針を中央の秒針に変更して、貨幣の紋様の輪、教会堂式の針を加えて、経典の針式日付と大型の冠を維持しています。今年の新商品は濃い赤や紺色で表現し、古めかしいデザインに鮮やかな色を加えたもので、より強いスタイルを見せています。特殊な紋様の鹿の皮のバンドを組み合わせて、小さいところで変化を持ってきます。