文字盤の一番美しい色!Dior VIII Montaigneシリーズ高級腕時計

ほとんどの色は灰色とよく似合うので、グレーが一番似合う色です。——クリスチャン・ディオール(クリスチャン・ディオール)
ローマ数字「VIII」(「八」)はディオールさんにとっては不思議な数字で、ディオールブランドは1946年10月8日に設立されました。ブランド工房の所在地であるモンタアベニューはパリ第8区にあります。ディオールさんが設計した最初のファッションシリーズも「En Huit」と命名されました。そのため、ディオールブランドは第一のハイテク精密セラミック腕時計に名前を付ける時、創始者の名前以外に、この四つの簡単で目立つ文字を自然に入れました。VIII(「八」)。

 
ディオールブランドのすべてのシンボル的な要素は、同じように高級腕時計のデザインに注がれています。その建築学の線は、貴重で軽やかな「ディオールセット」を連想させます。昼と夜の毎時、それはすべて優美で精致な姿で女性の気高くて優雅さを体現しています。

 
ディオールVIII Montaigneシリーズの高級腕時計は精密鋼の灰色とピンクを組み合わせています。ディオールさんはピンクが「すべての色の中で一番甘い」と思っています。子供のころノルマンディー・グランビルの家にいた色と、彼の一番好きな花の色を思い出すことが多いです。金に覆われたピンクは秒針、時標、時計輪、チェーンや底蓋の上に使われています。透明な漆面のピンクは文字盤に使われています。目的のピンクはGrand Bal「Pliss e Soleil」の表項の亜鉛メッキ精密鋼の文字盤に使われています。ライトブルー――ディオールさんの目には「最も美しい色の一つ」が、この斬新なモデルの上にも現れています。