華貴の中で自然な魅力を表現したディスク飛雅シリーズの女性腕時計です。

オメガ(Omega)ディスク飛雅シリーズの女性腕時計の文字盤は真珠の貝母で蝶の模様を作って飾ります。とても独特で、9つのダイヤの時間目盛りは18 Kプラチナアーチ溝の上にはめ込みます。6時位置に日付ウィンドウがあります。文字盤の上のチョウの紋様の霊感は中国の文化の中からチョウのよくある解読に対して来て、それは真実の愛の永久不変と幸福の長寿の美しい願望を託しています。文字盤7時と8時の位置の間にはダイヤモンドで作られたチョウがはめ込まれています。このために独特な逸品が魅力的です。18 Kのプラチナリングには50個の完全カットダイヤモンドがはめ込まれています。ダイヤモンドの蝶と輝き合います。時計の針、分針、秒針を研磨して18 kのプラチナで作られ、ケースと装飾と完璧にマッチしています。両面反射防止処理された耐摩耗アーチ型サファイアの時計鏡は、精巧で生き生きとした文字盤に周到な保護を提供します。

 
この腕時計は36.8ミリのケースに真珠の貝母の光沢を帯びた白いリボンを組み合わせ、18 kのプラチナウォッチバックルを装備しています。垂直に磨いた後蓋に刻まれたヴィルとオメガのマーク。オメガ(Omega)2500同軸コアを搭載し、1999年にオメガ(Omega)同軸チルトシステムを搭載し、メカニカルタブ業界の大革新を開始しました。