Plumesシリーズで書きに味わいがある想い

Plumesシリーズのインスピレーションの源はルイ16世の妻は、ブレゲ女性宝飾腕時計の代弁者――フランス皇後メアリー・アントワネット。1770年、当時はオーストリア帝国姫のメアリー・アントヴァネッサ、じゅうよん歳になって遠くフランス、フランス皇儲(本日後のルイ16)の皇太子妃。これが故郷のように思い、メアリーの絶えないと遠くオーストリアの家族の手紙のやりとり、きゃしゃなガチョウの筆で母の懐かしいと自由の渇望。

 
R e﹎de Plume時計提供バラ金やプラチナ2種類の素材をする、その上の羽を彫刻して飾るからろく時位置の球形镶钻継手から、ずっとベゼル左側。羽の中間の「干」の部分は長い形のダイヤモンドをはめ、そして次第に尾が細くなり、羽の「網状」の部分では、大きさの明るい式カットダイヤモンドはめになって、水滴の羽のように効果を滑る形成。宝石腕時計としても、そのサイド彫刻精緻な羽飾り紋、意味ブレゲ時計のように外縁特有の経典の貨幣飾紋。

 
ブレゲずっとに取り組むために優雅な女性よりエレガントな創作より正確な時計作品。この母のデーを控えて、ブレゲ特別オーディションの数件の優雅な時計の贈り物母の日、母親に暖かい濃い情を伝えて。