1959年にセイコー初のアルピニストウォッチを再発行

登山家やアウトドアスポーツ愛好家のニーズを満たすために、セイコーは1959年に最初のアルピニストウォッチを発売しました。この時計は発売と同時に好評を博し、その後数十年で、当初は閉じ込められていた日本市場をはるかに超えて評判が広まりました。これは、スポーツをテーマにした初めてのセイコーウォッチであり、その後数十年で、ストップウォッチを含む多くの画期的なスポーツウォッチやスポーツタイミングデバイスの開発をリードしました。ダイビングウォッチ付き。アルピニストウォッチのコア機能は変更されていませんが、そのデザインは時代とともに進化してきました。プロスペックスシリーズの誕生は1959年の最初のアルピニストウォッチによるものと思われるため、セイコーはこの時計を再現し、プロスペックスシリーズの高い機能性を追加してこのクラシックを復活させました。

 

1959年に発売されたセイコーローレルアルピニストと呼ばれるこのウブロコピー時計は、セイコーの大胆な試みであり、スポーツウォッチの分野に参入するというセイコーの決意を象徴しています。この時計は、砂やほこりがケースに入るのを防ぐためにねじ込み式の背面カバーを使用し、汗から時計を保護するために頑丈な革のカフストラップを使用しています。アワーマーカー、時針、分針には蛍光物質が埋め込まれており、暗闇でも見やすくなっています。3時、6時、9時、12時の山の形をした看板は「アルピニスト」(登山家)の名前を彷彿とさせます。これらの4つの特徴的な標識は、コンパスの4つの主要な方向を表しており、特別に設計された12時の標識により、人々はどの角度からでも安全かつ正確に時刻を読み取ることができます。この機能は多くのセイコースポーツウォッチのデザインコアとなり、現在も使用されています。

 

レプリカ時計は、1959年のアルピニスト時計の細部を忠実に表現しています。頑丈なアワーマーカーは元のモデルと同じように黒い文字盤に配置され、白い分目盛りは文字盤のベースに内輪を形成し、元の時計のデザインに忠実です。もちろん、目盛り、時針、分針は、暗闇での視認性を確保するために、環境に優しい蓄光塗料でコーティングされています。鏡面は、オリジナルの時計の弧状の鏡面を再現した箱型のサファイアクリスタルガラスで、付属のレザーストラップはオリジナルのストラップと同じ千鳥縫いのデザインを採用しています。

 

スリムなシルエットとアップグレードされた仕様
レプリカ時計は元のデザインに忠実ですが、最新の技術でアップグレードされ、プロスペックスが有名な優れた仕様と機能を備えています。4時から5時までの日付ウィンドウを統合し、10の耐水性を備えています。バー。、箱型のサファイアクリスタルの内面は、より高い視認性を提供するためにアンチグレアコーティングで処理されています。この時計は、45時間のパワーリザーブを備えたスリムな6L35ムーブメントを搭載しています。日付ウィンドウとより高度な機能が追加されたにもかかわらず、厚さは1.0mmしか増加していません。