「磁器」セラミックケースウォッチの燃える火物語

セラミックは時計製造業界にとって新しい材料ではありませんが、最高級ロレックスコピー近年ますます人気が高まっています。実際、鉄鋼や貴金属に加えて、高級時計産業における他の材料の受け入れは年々増加しており、市場の需要はより堅調になっています。ハイテクセラミックは、軽量と高抵抗の利点を兼ね備えており、他の材料と比較して明らかな利点があります。ただし、焼成プロセスと冷却プロセスの両方を予測することは難しく、専門知識と忍耐が必要なため、セラミックケースの製造は大きな課題です。

 
IWCは、セラミック時計製造に挑戦した最初のブランドの1つでした。 1980年代初頭、ブランドはフリーガークロノグラフとダヴィンチパーペチュアルカレンダーケースの製造にセラミックを使用しました。それ以来、IWCではセラミックケース付きの時計が一般的な現象になりました。これらの時計は通常のシリーズに属していることもあれば、限定版で提示されていることもあります。最新の例は、トップガン海軍空軍クロノグラフ「モハーベ砂漠」の特別版です。これは、砂色のセラミックケースとマット仕上げを備えており、500個限定です。
セラミックもシャネルの製品範囲で重要な役割を果たします。 2000年、シャネルは、美しいJクラスのセーリングボートからインスピレーションを得てJ12シリーズの時計を発表しました。最も初期のJ12時計は黒で、ケースとブレスレットはセラミックで作られていましたが、セラミック製のブレスレットは金属製のブレスレットよりも難しいため、時計はさらに複雑になりました。 2003年と2011年に、すべて白のスタイルとすべて灰色のバージョンがJ12シリーズに追加されました。 2019年、この象徴的な時計は徹底的かつ微妙な再設計の先駆けとなります。

 
着色されたセラミック、特に明るく明るいセラミックを作成することは非常に困難です。これには、顔料が燃焼する非常に高い温度が必要です。リシャールミルスーパーコピー革新的なウブロウブロにとって完璧な挑戦のように思えますが、ブランドは成功しました。ウブロは、高温と高圧を組み合わせた新しい焼結技術を開発し、製造されたセラミックが前例のない色を放つようにしました。クラシックフュージョンシリーズのオリンスキーレッドセラミックリミテッドエディションウォッチはリビングケースであり、ウブロはグリーンとライトブルーのセラミックの変調プロセスも習得しており、材料がより一般的です。